ADRを利用

交通事故に遭ってから入院や通院をするケースはとても多いものですが、事故から解決までの期間はとても長く、それだけ疲労をしてしまうものです。そのためできるだけ早期に解決を図っていく必要があります。事故の最終段階である示談のステージまで進んだ場合、いくつかの方法で解決を図っていきます。最も早く金額をかけないで行うことが可能なのが自分で相手方の保険会社と交渉を行う方法です。しかしこの場合納得できるような金額を得ることは難しいものです。そのため保険会社に対して不信感を抱いたり、反発して余計に解決が困難になったりするものです。

示談の際に費用を抑えながら納得できる解決方法を選択したい場合にはADRに示談の斡旋を依頼する方法があります。交通事故紛争処理センターは全国各地にあるので、最寄りの支部に行ってそこにいる弁護士に示談の斡旋を依頼します。弁護士の費用は掛からず、かかるのは交通事故紛争処理センターまでの交通費だけになります。ただデメリットとして時間がかかってしまう点が挙げられます。結果としては裁判を行った場合に近い示談金を得ることが可能なので、満足感という点では十分となっています。示談金があまり高額にならないケースではこの方法がおすすめです。

 

弁護士に相談

交通事故の示談金が高額になるようなケースでは最初から弁護士に相談をしてしまった方が楽ですし、また時間をできるだけかけることなく示談金を得ることができるものです。示談金が多くなるようなケースでは裁判に移行をすることが多いと言えます。そのため弁護士にまずは相談を行います。

弁護士に依頼をする際に最も気になるのが着手金や報酬などの費用です。高額になるイメージなので不安になるものですが、最近では着手金が無料という弁護士事務所も増えてきています。そのため最初に弁護士に依頼をするハードルが低くなり、誰でも気軽に弁護士に相談をすることができます。また弁護士に報酬などを支払っても裁判によって多くの示談金を得ることができるので、そのお金で報酬などを支払うことが十分に可能です。むしろ裁判を起こした方が最終的に得られる示談金はアップしてメリットがあるものなのです。

最近では任意保険の特約の中に弁護士費用特約が選択できるものが多くなっています。これは交通事故に関して弁護士に相談をしたり、裁判費用を限度額内で支払ってくれたりというものです。この特約を付けている場合には自分で支払うことなく弁護士に相談などを行うことが可能です。この方法によって多くの示談金を得ることもできます。

参照サイト>>>交通事故被害者救済サイト:交通事故による慰謝料相談

You Might Also Like